おすすめアロマはオレンジスイート!寝つきが良くなりました

アロマテラピーは香りで脳を刺激して癒しをもたらす効果が期待できます。

私はある時期寝つきが悪くて悩んだことがあるのですが、アロマを使用することで寝つきが良くなり不眠に悩まなくなりました。

香りのパワーは脳や身体をリラックスさることができ、眠りに入りやすい副交感神経が優位にすることができるんですよね。

香水をつけるようなタイプではなく、不眠になるまではアロマなどまったく興味がありませんでしたが、寝つきが良くなるということを友人から聞いたので、さっそくアロマを使用してみることにしたんです。

楽な方法が良いなと思って私が実践したことがですが、アロマオイルをコットン、またはティッシュなどにしみこませ枕のところに置くんです。

とても楽ですよね。

面倒ではないので仕事で残業して疲れて帰ってきても、サっとすることができます。

アロマオイルですがとてもたくさん売っていますよね。

どれが眠れるようになるアロマなのかをじっくりと調べて買うことにしました。

私がおすすめするのはラベンダー、オレンジスイート、サンダルウッド、ベルガモット、フランキンセンスなどです。

一番落ち着いてすぐに寝ることができたのは、オレンジスイートです。

オレンジスイートは柑橘系アロマなのですが、私はもともとオレンジなど柑橘類が好きなんです。

だからこの香りを嗅いだらすごく良い気分になりリラックスすることができました。

すぐには効果はなかったのですが、アロマを使用するようになって二週間経った頃から布団に入るとすぐに眠れるようになりました。

メラトニンの通販ならこちら